大腸がんへの個人的対応②~ビタミン○がよい?~

スポンサーリンク 

大腸がんへの個人的対応
大腸がんにビタミンC

長々と記事更新していませんでした

前回酪酸菌の超高濃度のものをつかって
いますが、それを多くとると少し便が
固くなる傾向があります。

少し便が固くなった時の対応は?

それを少し相殺するということ
だけでなく、ビタミンCはガン治療にも
高濃度ビタミンC療法と言って

がん治療に使われています。

ビタミンCは少し軟便にする傾向がありますから、
酪酸菌と一緒にとるということは
便の柔らかさを保ちながら抗がんを
狙えるということで母親に渡しています

ビタミンCと言っても、普通のビタミンC
だと添加物などが入っていますから

無添加のビタミンCでしかも
粉末にしました。

無添加のビタミンCの粉末に関しては
「アスコルビン酸」がもっとも
信頼できると思い、勧めています。

日本薬局方「アスコルビン酸」が
メジャーですがこちらのほうが安かったです。

アスコルビン酸最安値<楽天市場>

そういう感じで、酪酸菌に引き続き
ビタミンCで大腸がんと闘いたいと思いますが、

なかなか身内ともなると
母親が言うことをきかない。

困ったものですが、何とか飲ませて
長生きしてほしいです。

大腸がんの母親への対応、今回のポイントは

酪酸菌の大量摂取はもちろん効果的なのですが、
代わりに少し便が固くなる傾向があったので、
抗がん作用の高いしかもビタミンCは少し軟便になる傾向から

相殺されて、便が普通に戻り
抗がんも狙えるのではないかということです。

後は、しっかり痩せてもらえると
がんに細胞が食べられずにがん細胞増殖が遅れてくれるといいんですが・・

なかなか、母の場合は食べるの好きですから難しい・・

一応腹減ったら、ところてんを
食べさせていますが、痩せてくれるかどうか・・

普段から自分の体重のコントロールを
若いうちに覚えておくと得だなぁ
と思いました。

大腸がん個人的対応まとめ

母ががんになり手術間近、、
私は手術をやめるように説得しましたが
やはり、白衣来た数名の先生に囲まれ
説得されると、手術せざるを得ない状況
に陥り、手術させられる羽目に・・

一応、母親に息子としてできる対応は
できるだけ【大腸がん】が増殖しないように
対応するだけです。

現在、酪酸菌とビタミンC

酪酸菌は超高濃度のものを使い
ビタミンCは無添加で粉末のもの

粉末だと、固めるために不純物を使わないので今回はそれにしました。

さらなる対応をしています。

大腸がんの母親への対応③

スポンサーリンク 
スポンサーリンク 

他の断食記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ