断食以外の解毒方法?水が重要?

スポンサーリンク 

ブログを通して
断食による解毒を
一生懸命訴えてきましたが
  
 

 
今回は断食以外で解毒する方法を
一応私が立てた仮説ではないのですが
興味深かったのでご紹介させてください。

 
 
 
 
もちろん実践に関して
一切の責任は負えません。
 
  
 

私が普段からデトックスになるといいなぁ
と思ってやっていることです。 
 
 
 
 
あなたは、飲料水やシャワーなどは
どうされているでしょうか?

 
 
 
 
 
私は、基本的に水道水を
直接使うという事はありません。
 
 
 
 
 
確かに新興国などと違って
水道水、日本は飲めますが
 
 
 
 
やはり、消毒の目的で入っている塩素
さらに水道水には

・鉄さび
・鉛
・アルミニウム
・スズ
・他多数

 
 
 
のものが入っているという事
一応前にクリンスイの浄水器など
ご紹介させていただきましたが
 
 
 
 
 
今回使っているのは
 
 
ガイアの水(浄水器・シャワーヘッド)最安値一覧<楽天市場>
 
 
このガイアの水の特徴としては
いろいろ小難しく話すのと
ややこしいため

 
 

%e3%82%ac%e3%82%a4%e3%82%a2%e3%81%ae%e6%b0%b4
 
 
 
 
おもしろいでしょ?
 
 
 
 
油が水に溶けてます^^v
油に水が溶け込んでいきます
 
 
 
 
  
だから何なの????
 
  
 

という事ですが、体の細胞などに
多く溶け込んでいる(特に脂肪細胞)
有害脂溶性物質・・・
 
 
 

 
細胞膜とは、【脂質2重膜】  
 
 
 
%e7%b4%b0%e8%83%9e%e8%86%9c%e3%81%ae%e6%a7%8b%e9%80%a0
出典⇒関西学院大学理工学部物理学科【加藤研究室】資料より 
 
 
 
 
 
細胞膜の大部分はリン脂質からなります。 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
だからそれって何なの?
 
 
 
 
細胞の中の水
細胞内水と言いますが
 
 
 
 
これが不足すると大変なことが起きるようになります。 
 
 
 
 
細胞内水不足・・・・
・シワの増加
・体温調節ができにくくなる=熱中症など

 
 
 
 
 
この細胞内水は、年齢とともに減っていき
老化現象である【シワ】の増加
 
 
 
 
普通のお水飲んでいるだけだ
【細胞の外側の水は増えても】
汗やおしっこですぐに出ていってしまいます。 
 
 
 
 
 
そして、さっきも言ったように
この脂質で作られる細胞膜を
【ガイアの水】が透過すると仮定するならば

 
 
 
中に取り込まれた脂溶性である有害物質を
取り込んで体外に排泄
するだけでなく 
 
 
 
【シワの緩和】
 
 
【熱中症の防止】

 
にもつながると考えることが可能となります。 
 
 
 
 
 
熱中症に関して高齢者が数多くかかるのは
細胞内水の不足による体温調節ができにくくなるから
 
 
 
 
気候で考えるとわかり易いです。
 
 
・海が近い都道府県では、寒暖の差が小さく
・湖などの少ない内陸部では、寒暖の差が大きく

 
  
 

というふうに【水】は気候をも
調節しています。 
 
  

 
 
という感じで、ガイアの水・・・
効果を保証するものではありませんが
興味のある方は調べてみるとよいのではと思いした。

 
 
 
 
断食デトックスとガイアの水を併用すると
よりたくさんの解毒ができるのではないかと
考えます。  
  
 
塩素チェッカーを使ってみたら、すごいことに? 

 
まとめると・・・

 
あくまで仮説ですが 
 
 

水道水よりも
ガイアの水は油に溶けやすいため
脂質でできた細胞膜を通過する可能性が
高いため
 
 
年齢によって減ってしまう
細胞内水を補うことが期待でき

  
それにより
 
・シワなどの防止
・熱中症対策

 
などが期待できるのではないかという事です。

 
 

 
 
最後までお読みくださり
ありがとうございました。^^

スポンサーリンク 
スポンサーリンク 

他の断食記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ