断食中の塩分、ミネラル補給!

スポンサーリンク 

 

断食中にミネラルや塩分を
気にされる方も多いと思います。

私も、塩をちょろちょろと
断食中に舐めることも時々あります。

朝昼抜きの一日一食断食の場合
さほど水を飲まなければそんなに
塩分量やミネラル量を気にしなくていいと
思いますが、

私の場合、断食中は
結構水分補給をしてしまうため
体内部の塩分量は少なくなります。

最近は、
①コーヒー(ノンカフェイン)
②スギナ茶
③桑の葉茶
④柿の葉茶

・・ローテーションですw

そんなことをしていると
少し塩っ気もほしな(・∀・)

と思ってしまい、断食中
【塩を少し摂取してます】

では断食中のミネラル、塩分補給には何がいいのか?

もちろん食卓塩に代表される
【精製塩】はとりませんが

いったい何がいいのかわからず
どんな塩がいいのか
調べていると

ミネラルの多い塩を見つけました(≧▽≦) 

もっと言うと
【ミネラルの豊富な塩の見つけ方】
を知りました。

塩って何がおいしいか?
を考えていても、答えは見つからず

【難しい・・】

それは、人それぞれ
料理それぞれ
どんな塩を使うかによるかで
味わいも味も変わるからです。

【ミネラルの多い塩】に限定して
探すと、とても簡単でした。 

断食中ですからね。
おいしいとかよりもミネラルと塩分
ってわけです(;・∀・)

断食中の飲み物!これがオススメ!

では、ミネラルの多い塩の見つけ方!

例えばこの【塩の成分表】

ここで問題です。

Q.この塩の100グラム中の塩化ナトリウム以外のミネラルをgで答えよ。

答えは、下記にありますが、
考えたい人は考えてみてください。

簡単なんで解説します。
この場合、まず
塩化ナトリウムのg数を求めます。

ナトリウム(Na)しか書いてませんので
塩素(cl)の値を求めます。

Na 分子量  23

Cl 分子量 35.5 

これは決まった値です。

で、
塩化ナトリウムは
Nacl

Na 1つ   cl 1つ

という事は・・・・

Na分子量23に何の値を×てあげればNaclの分子量である58.5が出るのか?

を求めればよい(≧▽≦)

まず、Naclの分子量は・・・

(Na)23+(cl)35.5=(Nacl)58.5

Naに、いくつ×(かける)と58.5になるのか?? 

58.5÷23=約2.54

てことは・・・・

上記のNa(g)量に 2.54を×て
全体の量から引いてあげればよい

36.7×2.54-100=6.782(g)

これが、上記の塩のミネラル量(≧▽≦)

では、ありません。((笑))

塩ですから、【水分量】が関係します。
しかし、成分表には水分量は明記されていないため

=(6.782-水分量(x))g

=(6.782-x)g 
が、答えとなります。

つまり、

ネトネトしている塩なら
水分量が多いため
Xの値は多く

さらさらしている塩なら
水分量が少ないため
Xの下げ幅は少ない

という事になります。

でも・・・この塩・・・
ミネラル少ないなぁ~~( ´艸`)

覚えておいてほしいのは

【2.54】

この数値w

Naのg数に2.54を掛けて
100gから引く、そして
水分量をチェック

こんな感じでミネラル量の多い塩を
探してみてください。

ただ、、、ミネラルの多い塩は
素材の味を邪魔するそうなので
料理人にとっては扱いが難しいらしいです(笑)

では問題!!(‘ω’)ノ 

Q、この塩の Naとcl 以外のミネラル量を
答えよ^^

簡単ですね^^

PS

塩に関しては、私は現在は
ミネラル量の多いものを使っていますが
確かに料理に関しては
もう少しミネラル少なくてもよいかなぁw

と感じています。

塩で取れなくても
ほかで取ればいいわけですから。

断食中の塩は
【ミネラル豊富】

料理に関しては
【少しミネラルを抑えた塩】^^ 

等、塩を使位分けてみると面白いかもしれません。

良い塩があったら是非紹介してください。

一応私が使っているのが 

粟国の塩<楽天市場>

むちゃくちゃ
ミネラル多いわけではありませんが
その辺の塩よりは多いので
使っています。

これスゴイですよ↓
計算上では、
ミネラルむちゃくちゃ多いです(笑)

佐渡の塩<楽天市場>

断食中の塩分、ミネラル補給!まとめ

断食中に塩分やミネラル不足
を心配する私としては

日中に少し塩を摂取します。

その場合、ミネラルの多い塩
を選ぶことが多いです。

ミネラルの多い塩の選び方は

塩の裏に書いてある成分表の

100グラム中の
Na量に

【2.54】

を×(かけ)て
全体の量から引いてみることにより

Nacl(食塩)

を抜いたミネラルの量が出ます。

是非、あなたの今後の塩の
選び方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク 
スポンサーリンク 

他の断食記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ