塩素チェッカーを使ってみたら、すごいことに?

スポンサーリンク 


断食以外の解毒方法という事で
普段あなたが使う【水】が重要です
との記事を前の書かせていただきました。
 
断食以外の解毒方法?水が重要? 

 

普段使う水が良ければ
やはり体には健康的だという考えから
 
 
私は、浄水器とシャワーヘッド、
お風呂は、ビタミンCを入れて

【塩素を無毒化して使うようにしています】
 
 
風呂なんか、もうすでに
【ビタミンC】のみならず
 
酵素やら塩やら、菌やら、オリゴ糖やら
(本当にこんなに入れていいのか?(。´・ω・)?)

 

入れて風呂に入っています。
これが結構皮膚感覚が柔らかくなって
きている感じがしますw、
うちの嫁も納得しています。 
 
 
まあ、それはおいておいて

 
【浄水器】
 
 
しばらく使ってみて
【塩素は現在どうなっているのか?】
 
 
という事で

クリタック ウォーターチェッカー<楽天市場最安値一覧>

使ってしばらく使った浄水器の水と
シャワーヘッドの水を
 

6が月以上たってますがw
まだ塩素を消してくれているのか?
を調べてみました。
 
 
 
塩素チェッカーしっかり色がつくので
現在の浄水器の塩素が簡単にわかります。

 
 
あなたも、浄水器を使っていて
それそろ交感かなーという時には
是非使ってみると
おもしろいです。
 
 
因みに私が使っている
【浄水器】
【シャワーヘッド】

はこちらになります。 

 
浄水器
ガイアの水
シャワーヘッド 
アロマセンス(無香料タイプ)
 
 
しかし、あまり
塩素は毒だ~と言っても
塩素がかわいそうなので

  
 
 
塩素側に立って一言いうと
水道局の水道に、もし変な菌が入っても
塩素があるおかげで、私たちは
死なずにすんでいるとも言えます(笑)

(ボツリヌス菌などw)
 
 

では、塩素チェッカー入れてみた結果は?

 
バーーーーーン\(^o^)/


 
 
向かって、左からご紹介します。(*’▽’)

・水道水(何も入れない普通の水)

・シャワーの水、アロマセンス(塩素チェッカー入り、1年使ったw使いすぎだろ!w)

・水道水(塩素チェッカー入り)

・水道水ガイアの水(塩素チェッカー入り、6か月使った)
 
 
 
 
 
というわけで、企業側が
3か月に1回くらい変えてください
と言っても、結構持つな~~と
思いました。  

 

でも、【ガイアの水】
今まで使った中では、かなり優秀w
逆流噴射で浄水器の中が洗えるからかな~w

まあ、気になる方は3ヶ月で
交換したほうが良いと思います
 
  
 
たかが、水・・されど水・・
浄水器を使う世帯は
3世帯に1世帯という話も聞きます。
 
 
是非、断食中の水分補給だけでなく
普段からの水の質にも
こだわってみるとよいかと思います。
  
 
PS

 
浄水器に関しては
なに使っても良いと思いますが
できたら

 

ろ過の種類は、最低でも
【中空糸膜ろ過】
は、避けていただきたい
と思います。
結構、これがヤバいと
 

環境問題医療ジャーナリストの
船瀬俊介氏の本にも書いてありました。 

参考文献詳細→買うな!使うな!(part 1)

すげー、タイトル(笑)
  
 

浄水器は
最低でも、これ

【活性炭ろ過】

ウォーターボール 

がオススメです。(最低でもw) 
 

PPS

ワインを買ってみました。 

 

EUフランス・オーガニックワイン 

 

EUオーガニックワインは
オーガニック(有機)と書くからには
酸化防止剤(亜硫酸塩)が少なくなければなりません。

ワイン規定 

 

さらに、ヨーロッパは、
食品添加物の量は世界でかなり少ない方
という事で

・添加物少ない国
・有機 

この 2点から
上記のワインを選んだのですが

 
味はどうだったのか? 

 

正直、これ一つで判断するわけには
いきません(笑)

 

いろいろとおいしいワインはあると思います。
 

上記のワインはわたしには、正直微妙でした。(笑) 
しかし、やはり次の日
頭が痛くなく
調子も良かったのを覚えています。

  
断食中・社会毒を排除!  

是非、ワイン好きの方は
ヨーロッパの有機ワインを探してみては
いかがでしょうか?

 
味に関して一つw 
  

他の国と違って、食品添加物で
味付けできないからかなぁ~(。´・ω・)?

と、一つ仮説を立てておきます。 

 
水の話が、アルコール水の話に
なってしまったw
 
 
今後も、食の危険性や
断食、糖尿病や高血圧などの
【慢性疾患】に関して書いていきます。^^ 

最後までお読みくださり
ありがとうございました。 

スポンサーリンク 
スポンサーリンク 

他の断食記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ