牛乳は危険て本当なの?脂質を考えてみたw

スポンサーリンク 

 
 
牛乳・・結構危険だとか
危険だというのはウソだとか・・・ 
 
  
 

賛否両論ありすぎる牛乳ですが、
断食効果を謳う私としては
このブログとしては
  
 

 
もちろん、牛乳に関しては
若干、牛乳危険賛成派なのかもしれません

(うわっスゲービビりな発言)
 
 

 

しかし、もし牛乳が
危険という考えになったとしたら
最近出ている食品の約半分ほどは
食べにくくなることになります。 
 
 
 
 
実際、私は高血圧症状を発症して
体重がむちゃくちゃ増えていたころには

 
 
 
 
【牛乳は、飲んでいました】
 
 
 
 
「健康に良い牛乳だもん、飲まなきゃ飲まなきゃ(*^▽^*)」
 
 
 
 
という考えでしたが
牛乳に関してだんだん調べていくと
 
 
 
 
「待てよ・・ちょっとやばいのかな?」
 
 
 
 
と思いもちろんダイエット中は
全く飲まなくなりました。 
 
 
 
 
 
そして、牛乳を止め、はや6年・・・
  
 
22キロ痩せたこともあり
体調は良いです。 
 
 
 
 
皮膚の原因不明の
アレルギー疾患(ガサガサ肌)も
いつの間にか消えていきました。
 
 
 
 
今回は、【脂質】から牛乳を
書いてみたいと思います。
 
 
 
 
 
1982年
全米調査委員会(公的機関)
「食生活、栄養、がん」
という報告書を出し 

 
 
 
 
内容は

【アメリカ人の平均的な食事に占める
脂肪の摂取カロリーの割合を4割⇒3割に減らすべきだ】

 
 
という項目が含まれているという。 
 
 
 
 
 
 
つまり、例えばですよ。

アメリカの
ある年齢の男性の1日に
食べる【総カロリー】のうちの
4割のカロリーは脂質で取るのが良い
と言っていたのを
 
3割にするべきだ。
と公的機関が言ったわけです。

 
 
 
 
1日2000キロカロリーとらねば
ならないとする人がいれば
  

 
2000キロCal=脂質4割のカロリー(800キロカロリー)+脂質以外からとるカロリー(1200キロカロリー)

2000キロCal=脂質3割のカロリー(600キロカロリー)+脂質以外からとるカロリー(1400キロカロリー)

にすべきだと発表しました。 
 
 
 
 

理由は、
「脂質の摂取とがんの因果関係が分かったから」
 
 

というのである。 
 
 
 

特に、
【結腸癌、乳がん、前立腺がん】
 
 
 

脂質の摂りすぎは
心臓病を招く恐れがあることは
周知の事実であるため
 
 
心臓病に良い食生活は(脂質減)
は【ガンにも効果的】 
と言えます。

 
 
 
 
農林水産省のHPには
こんな表がありました。 
 
 
%e7%89%9b%e4%b9%b3%e5%8d%b1%e9%99%ba
 
脂質による健康影響(農水省)

  
 

脂質に関しては
1日に摂取する総エネルギーの中の
脂質で取るべきエネルギーの量は(目標値)

  

20%~25%

 
と発表しています。
 
 
 
 
厚生労働省が発表した
日本人の食事摂取基準(2015年版)

%e4%b8%80%e6%97%a5%e3%81%ab%e4%bd%bf%e3%81%86%e3%82%a8%e3%83%8d%e3%83%ab%e3%82%ae%e3%83%bc%e9%87%8f
 
日本人の食事摂取基準(2015年版)エネルギー 73頁 
 
 
 
 
推定必要カロリー摂取量

50~69歳 男性 = 2450キロカロリー

という事は、その20%~25%
脂質で取ったほうが良い
 
 
 
 
中取って、まあ23%をのカロリーを
脂質で取るとすると
 
 
(2450÷100)×23= 563.5
 
 
 
 
563.5㎏カロリーを脂質で取るのが良い(目標値)

脂質は 1グラム=9キロカロリー

563.5÷9= 約63グラム(脂質)

 
~~~~~~~~ 
 
 
 
さて、牛乳の登場(笑)
 
 
牛乳コップ一杯、
【約200グラム=脂質は 7.6g】
 
 
63g÷7.6g = 約8.2杯
  
 
 

コップ一杯(約200グラム)×8.2

=約1640g =ほぼ約1.6ℓ
 
 
 

500ミリのペットボトル
3本ちょっと飲めば
1日の脂肪の摂取量達成・・・
 
 
 
 
 
 
そんなには飲まないと思いますが 
太っているなら、
この割りとカロリーが高く 
 
  
 

危険だ安全だと賛否両論の
牛乳・・・・

 
 
 
多くとれば 
結腸癌、乳がん、前立腺ガンと
因果関係が指摘されている
脂肪・・・
 
  
 

 
最近脂肪が多い欧米食だらけで
どこを見渡しても
肥満な方が増えてきていると
思う昨今・・・
 
 
 

 
牛乳は 
少し量を控えてみても
良いのかと思います。
 
 
 
 
 
因みに、カルシウム摂取量と
吸収定着量には因果関係がありません
ので
 
 
ご注意ください。 
(さらに、牛乳には危険が隠されているようです。のちのち・・フフフ) 
 
 

 
PS
 
カルシウムは実は牛乳以外にも
含まれており
 
・ブロッコリー
・キャベツ
・カブ
・インゲン豆
・大豆
・イワシ
・サケ
・牡蠣
・アーモンド

 
にも豊富に含まれています。 
  
 
 

 
*私カロリー理論信じていないんですが
 こんな感じで書かないと
 説明ができないので、カロリー理論を
 もとに書いてみました。
 ご参考になれば幸いですm(__)m
 
 
参考文献⇒牛乳には危険がいっぱい【フランク・オスキー】<楽天> 
 
 

スポンサーリンク 
スポンサーリンク 

他の断食記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ