被爆!その時彼がとった衝撃のデトックス法とは?

スポンサーリンク 

前回、人口の急な減少は

3.11の地震(?)
による放射能の影響も
あるのでは?

 

 

という事を総務省のデータを
使い述べました。 

 

 

統計データは好きではないのですが
単純に日本人口データ
なので、ある程度信じてもいいでしょう。

 

 

本題に入ります。

 

 

第一原発で垂れ流しが進んでいる
日本の放射能問題(世界の?)ですが

  

 

わたしがどうしてこんなことを
書いたのかというと

 

 

それは、子供が健康に育ってほしい。

 

 

本当にこれだけです。

では、子供がいる家庭以外は関係ないのか?

 

とんでもない。

・これから子供を産む年齢の人

・お孫さんができる、いる人

・子供を扱う仕事の人

これらの人だけではなく
すべての人が
知る必要があるとおもいます。

 

~~~~~~~~~~

 

長崎にファットマン(原爆)
落ちた際に、

 

 
医師・秋月は、爆心地から
約1.8㎞の病院にいました。

 

福島原発の際には、20㎞、30㎞
離れなさいと言っています。

 

それだけ近いところにいて
秋月先生自身も被爆したのです。

 

 

そして、次から次へと来る
患者に、あるものを食べさせました。

 

・玄米

・塩(ごま塩)

・味噌

 

 

そして、禁じたのが
麻薬ともいわれる

 

・砂糖

でした。

 

つまり、岩塩の塩でおにぎりを握り
味噌(味噌汁)

食べさせたわけです。

 

そして、彼の病院の患者は
命を救われました。

~~~~~~~~~~~

 
注目は玄米。

   

この玄米の中には
ある物質があり、それが
さまざまな悪い物質を
解毒しました。

 

 
それが、

 

玄米に含まれる

【フィチン】

 

このフィチンの生化学に関しては、
本気で説明すると、一般の方は
わけわからなくなりますので

簡単にまとめて話すと、

 

フィチン

胃の中は酸性のため【フィチン酸】に分解

十二指腸や腸に移動するとアルカリ性が強くなるため

周りの有害物質などと結合し対外排出

 

 

フィチンのみでは、ミネラルも
体外に排出してしまうため

 

 

ミネラル豊富な、【岩塩】

味噌に関しては、また長くなりますので
別の機会に

 

をとらせたことにより
【デトックス(解毒)】させられた
事が、長崎原爆被災者の命を
救ったという事です。

 

 
フィチンの生化学を詳しく書いている
サイトがありました。
HPフィチン酸の問題
 
 

玄米確かに良いんですが
脂肪の多い人は有害物質を
多く含む体なので、 
 

半日断食や時々一日断食を
実践して上手に併用できるように
なってください。

PS

 
秋月先生2005年に亡くなられましたが
90歳近く生きられたのは素晴らしい。

 

 
総務省統計局データ!驚愕の結果とは?
 
 

そして、秋月先生の患者を
思う気持ちと
素晴らしい決断力で多くの命を
お救いいただいたこと

多大な功績であります。
 

玄米はやせる?私が食べてる玄米ですが・・ 
 
玄米なら何でもよいのか?オススメな選び方 
 
 

 

スポンサーリンク 
スポンサーリンク 

他の断食記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ