時差ボケに断食が効果的?頭痛も解消?

スポンサーリンク 

時差ボケ・・・

結構大変ですよね。この時差ボケ・・

私も、外国に時々行きますが
帰ってきてから時差ボケによる
頭痛に悩まされること
が多かったです。

この時差ボケの症状・頭痛

頭痛って結構つらいです。


痛みというのは、脳に近いと
我慢できません

指をちょっと切ってしまった
膝をすりむいてしまった

という痛みに関しては、
結構我慢出ると思います。

しかし脳に近い部分である
歯痛などは結構きついです。

というふうになると
時差ボケの頭痛は結構しんどいです。

第二の体内時計断食時差ボケ頭痛

時差ボケ治療に博士が発表した内容は?

時差ボケにアメリカの
クリフォード・サパー博士が
科学誌【サイエンス】で述べた論文が
ありました。

人間には体内時計があります。

それは、朝目覚めて日光をあびたり
することで反応するのは皆さんも
ご存知かと思います。

しかし、博士が言うには
【もう一つの体内時計がある】
これが時差ボケなどに関係する
という事でした。

その【第2の体内時計】が狂うと
時差ボケが起こり様々な頭痛や吐き気
などの症状がでてきてしまう。

とのことでした。

その第2の体内時計を整え
時差ボケによる様々な
症状を改善する方法は

【16時間の断食】

という事らしいです。

16時間の断食を行うことで
第2の体内時計が正常に作動し
時差ボケを解消してくれるとのことです。

実際私も、断食をしだしてからは
時差ボケを経験したことも
ありませんし、頭痛もありません。

言われてみてから気づいた断食効果の
時差ボケ頭痛改善効果でした。

他にも私、昔は日本酒を飲むと必ず
次の日が辛かったですが、現在は
日本酒をのんでも

次の日も全然平気という不思議な感覚で
お酒を楽しんでいます。

断食効果による解毒は時差ボケ
だけでなくお酒の二日酔いにも
効果するのかと思っております。

断食による第2の体内時計の調整まとめ

断食の治療効果に関して調べていくと
どうやら、飛行機の時差ボケを
解消してくれる効果があるらしいです。

アメリカの博士が提唱する
第2の体内時計が断食を
することによって
正常化するとのことです。

私も確かに、時差ボケによる頭痛は
無くなり、昔必ず悪酔いしていた
日本酒も二日酔いも無くなり

現在では、日本酒しか飲んでいないです

そんな、断食による不思議な体験を
【16時間断食】で体験してみてはいかがでしょうか? 
 
断食で【胸やけ】は、どうなったのか?

スポンサーリンク 
スポンサーリンク 

他の断食記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ