ダイエット!断食のケトン体効果とは?

スポンサーリンク 

ダイエットに関して調べていくと
ケトン体に関して
いろいろな情報がありました。

ダイエットすると糖質が血中から
なくなり【ケトン体】の効果で脳が動きます

ダイエットによりケトン体の効果は
どうなのかについて調べてみました。

ケトン体効果ダイエット

なんと!ケトン体は脳波と密接なつながりがあった!

私たちの脳波は、いくつかの種類があり

・α(アルファ)波
・β(ベータ)波
・γ(ガンマ)波
・δ(デルタ)波
・θ(シータ)波

などと様々な脳波があります。

α波・・集中、心身リラックス
β波・・不安、緊張
γ波・・怒り、興奮
δ波・・睡眠、無意識
θ波・・ウトウトしているとき

などに発生しているといわれています。

ケトン体ダイエットというよりは
断食をすると一定期間ののちに
【ケトン体】が脂肪酸から作られます。

この【ケトン体】は脳波と密接な
つながりがあり、血中のケトン体の量が
増えると、【α波】が出ることが
東北大学の研究によりわかったそうです。

つまり、集中したい!心身リラックス
したいなら、断食やダイエットで
ケトン体を発生させるという事が
必要です。

α波は自分でコントロールができない
ため断食ダイエットで
コントロールするといいのか
と思います。

普段から断食ダイエットを行い
α波を高める感覚を磨くと

ここ一番の集中力が
上がる効果があるという事だそうです。

断食ダイエットで、いつ【ケトン体】の効果は出るのか?

【ケトン体】ですが、実は断食や
ダイエットを開始してからすぐには
効果が出ないそうです。
 

どういった過程で【ケトン体】が
出るかといいいますと
 

①断食により糖が無くなる
 
 

②体内(肝臓・筋肉)の糖が消費
 
 
断食を始めて丸一日かかり消費されると
いわれています。
 
 

③脂肪分解でケトン体発生

という事は、
ケトン体が発生し効果し始めるのは
2日目からという事になりますが
その体内の量は日に日に増加していきます。

 

そして、4日目から7日目くらいで
体内のケトン体の量は最大になって
いきます。

つまり、本格的に断食による
ケトン体ダイエットの効果を実感するに
は1週間ほどかかることになります。

 

まあ、1週間は大変ですが
私の場合でも2日目の夜あたりから
 

・心が落ち着き
・少しテンションが下がります
・視界がクリアに見え
・たんたんと物事をこなすような感覚

 

になる事は断食ダイエットによる
ケトン体発生効果として実感しています。

 

断食によるケトン体の効果で
α波が出ていたと思います。
 

それはとても不思議な感覚で
自分であって自分じゃないような
感覚でした。そんな効果を期待して
始めてみるのも良いかと思います。
 
 

では、断食期間中食べたほうがよいものとは?

いわゆる完全断食ダイエットというのは
本当に水以外何も口に入れない
という事ですが、

ビタミンやミネラルはとったほうが
脂肪燃焼効果は高いそうです。

私の場合、断食する際にあまり
そういったことは考えず

水やコーヒーやお茶という
ノンカロリーで慣れてしまってますが

・ビタミンB群
・マグネシューム

はとったほうが
断食には良いとされています。

しかも、固形のものではなく【液体】
のほうが吸収率が良いとされています
ので、ジュース系のほうがよいそうです

しかし、3日断食くらいなら
水のみ・のほうが私としては
【ケトン体効果】を感じられるのでは
ないかと、断食経験から考えます。

あなたにも、
今から断食ダイエットの習慣を
身につけ効果を実感することは
メリットだと思います。

まずは一日からやってみると
おもしろいかと思いますので
ぜひ挑戦してみてもらいたいです。

ケトン体ダイエット効果まとめ

断食に関していろいろ調べていると

【ケトン体ダイエット】なる文言を
発見しました。

ケトン体は断食開始後2日以上すると
だんだん出てきて

集中やリラックス効果を発揮する脳波
【α波】が出るという事です。

・仕事に集中したい
・判断力アップ

など【脳力】を上げたいあなたには
オススメの断食ダイエット方法かと思います。

しかし、1週間断食はちょっときついので
まずは3日、1日でも断食を経験して
感覚をつかんで貰えるとよいかと
思います。

断食には、やはりこれが相性が良いのか

スポンサーリンク 
スポンサーリンク 

他の断食記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ