国民の健康より利益?

スポンサーリンク 

国民の健康より利益

現在国際的な問題として、肥満が
あります。
 

アメリカでは1960年代から生活習慣病
の治療で経済が圧迫するほどにもなり
 

ニクソン大統領の時に多額の費用を
投じて、ガンの死亡率を下げようと
治療技術の改善に取り組みだしましたが

 

年々【ガン】は増え続けたため
治療で治すのではなく、予防医学に
力を入れなければという事で
 

フォード大統領の時に
マクガバン上院議員らに作らせた
予防医学レポートがあります。

それが1977年に発表された

アメリカ合衆国上院栄養問題特別委員会報告書

通称【マクガバンレポート】

「数々の生活習慣病は肉中心の間違った食生活がもたらした食原病で、これは薬では治らない」

という風に慢性病は薬では治らないと
アメリカ政府は完全に認めています。

 

「薬で、生活習慣病は治りません。」
という事です。

予防医学情報のマクガバンレポート効果はあったのか?

このマクガバンレポートが出た当初は
アメリカでも波紋が広がったそうですが

ほとんど効果はありませんでした。

 

というのも、この肥満予防の
マクガバンレポートを企業側が実践すると

企業側や製薬会社の利益が無くなって
しまいます。
 

葬られた「第二のマクガバン報告」

ということで、ほぼ無視されたそうです。
やはり利益が無くなってしまうことを
実行に移す企業はいないという事が
簡単にお分かりいただけると思います。

アメリカと日本のがん罹患率断食効果.com

このグラフでも生活習慣病予防の
【マクガバンレポート】

1977年に発表されてからも
アメリカの【ガン】の罹患率は増加傾向
でした。
 

しかし、救世主が現れました

マクガバンレポート発表後もさらに
その5年後にキャンベル博士という人が
政府の銘を受け、

「食物・栄養とガン」糖報告書も
出しましたがなかなか状況は変わりませんでしたが、、

 

上記グラフを見ると
1993年頃からガンの罹患率は減少傾向
になっています。
 

1990年に
アメリカがん研究所が発表した
【デザイナーズフーズプロジェクト】
が効果があったといわれています。

マクガバンレポートとは違い
一般の方にとてもわかり易い内容だったため

一人ひとりがガンになりにくい
食べ物を意識できたというのが
理由と思われます。 

その後、アメリカはデザイナーズフーズ
の野菜を食べる割合がどんどん増えて
結果的にガンは減少傾向となりました。

ちょっと、、これはヤバい!

アメリカ人が野菜を食べる量が増えたの
はいいのですが、
 

なんと、日本人、、野菜を食べる量で
アメリカ人に抜かれました。

断食植物食日本とアメリカ

それはあってはならないと私は個人的に
思うのですが、
 

この結果は、現在日本でこういった
報道があまりなされないのも原因かと
思われます。
 

報道がされないのか?
意識的にメディアが報道しないのか?

どちらにせよ、この現実を知ったあなた
と私は、

半日断食+植物食

で対抗しませんか?病気の人も
予備軍の方も日本人が野菜食で
アメリカに抜かれるとは
 

穀物+野菜食で来た先祖に申し訳が
経たないばかりではなく 

昔のアメリカのようにガンの罹患率
を追っているような印象を受けます。
 
 
因みに2013年までの年次別
日本の男女のガン死者数

 
%e3%82%ac%e3%83%b3%e3%81%a7%e6%ad%bb%e3%81%ac%e6%82%a3%e8%80%85%e6%95%b0%e5%a5%b3%e6%80%a7-2

%e3%82%ac%e3%83%b3%e3%81%a7%e6%ad%bb%e3%81%ac%e6%82%a3%e8%80%85%e6%95%b0%e5%a5%b3%e6%80%a7-1 
  
出典⇒がん情報サービス・ガン登録統計
 
いや~素晴らしく増えてますね~w
アメリカでは減っているのに・・・
 

一応このがんに効果的とされる食べ物として
当HPでも【デザイナーズフーズ】
には触れていますのでご覧ください。

関連記事⇒【デザイナーズフーズプロジェクト】がん予防の野菜とは?

しかし、本当に健康を得るには
やはり政府やテレビなどの情報に
頼らず自分で探して見つけ

実践していかなければならないと
実感させられる事実でした。

結局、自分の身は自分守るという
【自己責任能力】で対応しないと
どんどん企業利益として
わたし達の健康は搾取されるのではないかと

考えさせられてしまいますので
今から健康に関する知識は
貪欲に探索したほうがよさそうです。

国民の健康と企業利益まとめ

アメリカのガンの罹患率を
下げようと様々な方法が考えられました

効果があったのは
アメリカ国立がん研究所が発表した

【デザイナーズフーズプロジェクト】

とてもわかり易く
一般の方が意識できるような
ピラミッド型で表記された
がんになりにくい食品
上にいけばいくほど効果大

という事で、広まっていき
アメリカ人が野菜を食べる量が増えました。

そして。。。。

日本人はアメリカ人に野菜の食べる量で
抜かれました。笑

というより、グラフをみると
野菜の食べる量が減ってきているとも
言えます。
 

将来、ガンや心筋梗塞、糖尿病に
ならないように、最低でも

半日断食+植物食
・・・時々プチ断食

を意識してみてはいかがでしょうか?

企業側は利益を捨ててまで
わたしたちの健康を守ってはくれないようです。

スポンサーリンク 
スポンサーリンク 

他の断食記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ