脂肪で死亡??

スポンサーリンク 

と、親父ギャグ的な始まりですいません
 

最近はやっている【ヤバい脂肪】が
あります。
あなたも聞いたことあるかもしれませんが

 

人工的に作られた脂肪があります。
 

この脂肪は天然にも微量に
存在するそうですが加工されたものが特に
健康被害を出していると言われます。

 
 

その脂肪とはいったい何なのか?
 

トランス脂肪酸とは何なのか?

 

このトランス型脂肪酸に関しては
あなたも聞いたころがあるかも
しれませんが、
 

トランス脂肪酸は
自然界にも、微量に存在します。
 

それは、牛や羊などの胃袋の中です。
反芻(はんすう)活動をする動物の
胃袋の中でトランス脂肪酸が作られます
 

という事は、天然にトランス型脂肪酸
が多いのは

・牛肉(反芻動物の肉)
・牛乳

という事になります。

 
これは農林水産省の調査です。

 

トランス脂肪酸が多いと何が怖いのか?

脂肪とは三大栄養素なので
体には必要なものです。
 
 

しかし食べる量が多ければ
炭水化物やタンパク質により
同じ量ならばカロリー量が多いため
 

生活習慣病になってしまいます。

 
 

トランス型脂肪酸は今のところ
食品からとる必要はないとの世界の認識
のため
 

アメリカでは2008年に
アメリカ医師会はトランス脂肪酸の
全面廃止を訴え

 

「アメリカ国民が摂取している油の中で
最も危険なものはトランス型脂肪だ」

 

と表明し、

デンマーク
カナダ
オーストリア
アイスランド
イギリス
韓国

でも今のところ規制されています。

 

しかし完全撤廃ではありません。
 

確かに悪い物質なのでしょうが
何でもかんでも規制しては食べる物が
なくなってしまうでしょうから
 

仕方のないことだと思います。

 

日本の厚生労働省は、
「日本人は摂取量が少ないから」
といって全く規制していないそうです。

 

狙い撃ちされているファーストフード
は、自主規制をしているようです。
 
 

トランス脂肪をとりすぎると他にも
・HDL(善玉菌)が下がり
・LDL(悪玉菌)上昇
・心臓病のリスク上昇

とあまり良いものではなさそうです。
 

どんなものにトランス脂肪が含まれるのか?

 

上記に記した【牛肉】【牛乳】以外にも
 
 

農林水産省の調べでは

・マーガリン
・ポテトスナック
・チョコレート
・ショートニング
・菓子パン、食パン
・プロセスチーズ、ナチュラルチーズ

 

パンにチョコクリームとマーガリン
塗って食べるのは最悪という事でしょうか?

 

他にも

・食用植物油
・即席中華麺
・カップラーメン
・マヨネーズタイプドレッシング

 

が特に多いそうです。

 
やはり、トランス型脂肪酸の摂取量は
減らしていったほうがよさそうです。

 

という事は・・・・
 

やはり、日本食という事でしょうか。
 
 

先祖が残した【日本食】という英知・・
日本人先祖というのは立派なもんだと
感心致します。

 

参照⇒農林水産省HP

トランス脂肪まとめ

最近よく聞くトランス脂肪に関して
康生労相ではなく
 

農林水産省がいろいろと調べて
まとめていたので紹介させていただきました。
 

上記の食品にはトランス脂肪が多く
含まれるという事です。
 

しかしよく見ると、上記のこれらの
食品に共通する特徴は

 
 

全て外国食・・・
 

上記トランス脂肪食品から日本食を
連想することができなかったことから

 

日本食が世界に誇れる英知という事は
言うまでもありません。

スポンサーリンク 
スポンサーリンク 

他の断食記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ