体内酵素の効果~高血圧糖尿病にも関係?

スポンサーリンク 

断食や少食によって体内酵素は
どのように機能しだすのかを調べて
みました。

体内で働く【酵素】にも
2つの種類があり私たちの
体の機能である

消化→吸収→運搬→代謝→排泄

を行っています。

体内酵素の種類とは?

2つある体内酵素ですが、

①消化酵素

②代謝酵素

この2つに分かれます。

消化酵素・・・食べたものを分解する

代謝酵素・・・細胞を修復、再生。必要な成分を作り出す、そして排泄

という機能が体内酵素には存在します。

体内酵素の量は一生のうちで産生される
量が決まっているといわれます。

【代謝酵素】の割合が下がれば
もちろん糖代謝障害である糖尿病や
他にも様々な病気を引き起こしやすい
と言えます。

現代人で特に太っている人は
もちろんよく食べる傾向があるため
体内酵素の割合が

消化酵素>代謝酵素

になっていく悪い傾向があります。

つまり消化に力を使い代謝が思うように
行かなくなる状況を、何とか変えていく
必要があります。

断食により代謝酵素を高める

では、どうやって代謝酵素を増やすのか?

消化酵素<代謝酵素

にという良い状態に変えていくために
最も簡単で実行しやすいのが、やはり

断食という事になります。

もう一つは、少食です。

日々の生活の中に、1日でもプチ断食の
習慣をつけて時々は代謝酵素優位にして
もらい、日々頑張っている体を
いたわってみてはいかがでしょうか?

特に糖尿病や高血圧症などの
状態的疾患である生活習慣病改善には
必要だと考えます。

とういうふうに、断食により体の代謝
が正常になり様々な疾患を予防できる
ということです。

体調が悪いときに食べたくなくなるのも
代謝酵素優位にしたい体の反応とも
言えますので、食べたくない時に
無理に食べるのもお勧めしません。

体内酵素まとめ

現代人は食べ過ぎの傾向があり
1億総肥満時代に突入してると思います

痩せたいという理由で断食することも
良いと思いますが、

体内酵素の状態を整えていく
という意味で、断食に興味を持つほうが
健康のためには良いかと思います。

体内酵素には、2種類あり
消化酵素と代謝酵素があります。

食べ過ぎて消化酵素を使わず
代謝酵素優位にしていけると
良いと思います。
 
 
高血圧?正しい測り方と自分で治す方法①

スポンサーリンク 
スポンサーリンク 

他の断食記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ